最近は、いろんなことが自由に執り得ることが増えてきました。

これまでのマンネリやきまりにわざとこだわることなく、
それぞれが思いのままに、いろんなことが自由にできるようになってきています。

その一つにお葬式があります。

お葬式もある決まった宗教や、ひいては宗派にこだわらずに、
遺族が自由に、思うままに、亡くなられた方を偲ぶことができるようになってきています。

これが無宗教葬儀と呼ばれるものだ。

無宗教葬儀が増えてきた理由としては、
殊更宗教に囚われる人が、増えてきた、
また経済的な意図などもあり、お寺とのつきあいを潰す人が増えてきた、
そうして形式的なお葬式をあげて、巨額を使うよりも、
亡くなられたパーソンにふさわしい、お葬式をあげたいと考える人が増えてきた、
などがあげられます。

ただ、無宗教葬儀とはいえ、
何から何まで当人たちで考えてお葬式を進行して行くのは、難しいです。

そのため仏式のお葬式や神式のお葬式を参考にすることも多いようです。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら

お通夜やお葬式へ行く時折、御香典を持ち出します。

御香典は、窓口で渡すことが一般的です。

最近は窓口を担当しているのは、遺族や親せきといったかたがたではなく、
近所のヒトであったり、葬儀仕事のヒトであったりすることが多いです。

ただし近所のヒトであっても、葬儀仕事のヒトであっても、
窓口をしているヒトは、遺族や親せきの選択肢となるヒトだ。

そのため御香典を差し出す時折、お悔やみを言わなければいけません。

「こういう都度はご愁傷くんでした」や「お悔やみを申し上げます」などと言います。

そうしてふくさから、香典袋を出します。
相手に正面が向くようにして、香典袋を渡します。

窓口では、お通夜やお葬式の名簿がありますので、記帳しましょう。

お通夜の場合には、最近は窓口がないこともあります。
そのときは、祭壇に供えるようになっていますので、注意しましょう。

訃報を聞いて、お通夜の前に弔問する場合には、御香典は持って行きません。
持って行かないことが、普通とされています。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら