お通夜やお葬式へ行く時折、御香典を持ち出します。

御香典は、窓口で渡すことが一般的です。

最近は窓口を担当しているのは、遺族や親せきといったかたがたではなく、
近所のヒトであったり、葬儀仕事のヒトであったりすることが多いです。

ただし近所のヒトであっても、葬儀仕事のヒトであっても、
窓口をしているヒトは、遺族や親せきの選択肢となるヒトだ。

そのため御香典を差し出す時折、お悔やみを言わなければいけません。

「こういう都度はご愁傷くんでした」や「お悔やみを申し上げます」などと言います。

そうしてふくさから、香典袋を出します。
相手に正面が向くようにして、香典袋を渡します。

窓口では、お通夜やお葬式の名簿がありますので、記帳しましょう。

お通夜の場合には、最近は窓口がないこともあります。
そのときは、祭壇に供えるようになっていますので、注意しましょう。

訃報を聞いて、お通夜の前に弔問する場合には、御香典は持って行きません。
持って行かないことが、普通とされています。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら